ミニチュアダックスと遊ぼ

ミニチュアダックスの日常・お出かけ日記です

タグ:大動脈解離

こんにちは。ご無沙汰してしまっています。空はすっかり秋の空に変わりました。長い間お休みをいただいてしまっていますが、たくさんの心温まるコメントをいただき、とても嬉しく思っています。ありがとうございます。ワンズはとても元気に過ごしています。モネリも、後藤先 ... 続きを読む
こんにちは。

ご無沙汰してしまっています。
空はすっかり秋の空に変わりました。

CIMG5169

長い間お休みをいただいてしまっていますが、
たくさんの心温まるコメントをいただき、
とても嬉しく思っています。
ありがとうございます。

ワンズはとても元気に過ごしています。
モネリも、後藤先生のところで合宿を頑張ってくれています。
(写真は今朝の写真です)

CIMG5149

ブログを長い間お休みさせていただいているのは。。。

実は、9月1日の日付が変わる頃、
パパが突然、もの凄い背中の痛みに襲われました。

汗をいっぱいかき、尋常ではない様子。

すぐに救急車を呼び、病院へ搬送。
近くの病院は受け入れてもらえず、
10キロほど離れた病院へ。
(都内の10キロは渋滞もあり遠いです)

CIMG5153

すぐに救急で検査を受け、
「スタンフォードb型大動脈解離」であることが判明しました。
血管の内部の壁が剥がれてしまう病気です。
最近、有名人の方々がこの病に倒れていらっしゃいます。

b型だと、痛みを抑えながら自然治癒を待つそうですが、
パパの場合、裂けている部分が長いとのことでした。

CIMG5155

それでもしばらく様子を見ることになりましたが、
みるみる肺や腎臓・腸に影響が出てきてしまいました。

手術に踏み切ろうにも、この段階ではできないとのこと。

CIMG5156

ICUでたくさんの管に繋がれながら、
長い長い闘病生活が続きました。

9月18日、やっと肺や腎臓、腸の状態が落ち着いてきたので、
手術を受けることができました。

主治医からの手術前の説明は「これでもか!」というくらい、
マイナスのお話ばかり。
この時、わたしの心の中に「覚悟」ができた瞬間でもあります。

10時間に渡る開胸手術で、人工血管置換手術を受けました。
家族は、控室で10時間の手術をずっとモニターで見守っていました。

CIMG5157

モニターを見ながら、先生方の集中力と手腕にただただ感動。
そして、手術中に止めていた心臓が再び鼓動を始めた時には、
身体の力が抜けました。

おかげさまで手術は成功し、無事に意識も正常に戻りました。

CIMG5158

ずっとICUでジッとしていたパパは、
すっかり筋力が落ちてしまい、
1人で座ることもままならない状態です。
自分でも驚いていました。

現在は、リハビリを楽しみにしている日々です。

腸や腎臓はおかげさまで機能が回復しました。
肺炎はまだ少し残っているようです。

ワンズは、さーちゃんとお留守番を頑張ってしてくれています。
お手入れもじっくりしてあげられなくて、ボッサボサ。
ごめんねワンズ~。と言いながら抱きしめています。

ワンズには、パパが退院したらお散歩に付き合ってもらいましょう。
過度な運動はせず、適度に歩くことが一番いいようです。

CIMG5163

以上のような出来事があったので、
ブログ更新をお休みしています。

パパは今、日常生活に戻れるよう、病院でひたすら頑張っています。

読者のみなさまにも、またパパの「ち~ん」な写真をお披露目しなくちゃ!

ワンズも家族も一丸となってその日のために頑張っています。

どうぞ、温かく見守っていただけると嬉しいです。


ランキングに参加しています。
下のワンズ写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。


ミニチュア・ダックスフンドランキング

いただいたコメントは承認制になっております。
反映までお時間をいただくこともありますのでご了承ください。
非公開希望の場合はその旨を記していただければ公開致しません。