こんにちは。

5月13日午前6時。
メリアが目覚めたと思ったら、お口から泡。
ほどなくして全身発作を起こしました。
これで、犬生3度目の発作です。
4月9日・26日そして5月13日。

発作の時間は3分ほど。
獣医さんに見せるために動画を撮影しながらただただ見守るだけ。
とても辛い時間です。

獣医さんから、
発作が起きたら全体にタオルを掛けてあげるといいと伺っていました。

試してみたところ、発作後のパニックが起きませんでした。
メリアの場合、数分間パニックで意味なく吠えていました。

マノンとミルカは、離れたところへ自ら逃げていました。
異常事態を察知していたのでしょう。

発作後、すぐに自分を取り戻したメリア。

DSC02252

ご飯を食べたがり、さっさとキッチンで待機。

与えていいものか。。。迷いましたが、
少量を与えてみました。

DSC02253


DSC02256

いつもと変わらぬごちそうさま。
大丈夫なの??

でもその後は、わたしにベッタリ。
片時も離れません。

やはり怖く、不安なのでしょう。

ずっと膝にしがみついてくるので、
スリングに入ってもらいました。

DSC02257

いいわよ~。
ずーっとこのままいましょうね。

家事もこのまま続行。

DSC02261

みんな羨ましくなっちゃうわよね~。

DSC02269

マノンさんも後で抱っこしてあげるわね。


DSC02267

ミルカはちょっと怪訝なお顔で見ています。

8時頃、バルコニーに出たマノンとミルカ。

DSC02270

メリアもお外に出たら気分が良くなるかもね。

スリングから出してみると。。。

DSC02281

さっそくミルカのお顔をペロペロ。


DSC02282

おやおや~。
ペロペロし過ぎ~!!

DSC02286

いつものメリに戻ったわね。


DSC02296

みんなでメザシになって日向ぼっこ。
穏やかな時間が戻ってきました。


でも、メリアにはもう一仕事あります。
病院に行かなくちゃ!

DSC02298

マノンとミルカはまたお留守番です。


診察の結果。
特に後遺症になるような症状もなく、普通です。

お薬の血中濃度を上げるために、
点滴で血管に直接お薬を投入することになりました。

また離れ離れになるのはちょっと心配でしたが、
仕方がありません。

DSC02300

先生方も心配してくださり、敏速に対処していただけました。

飲み薬は再び、ゾニサミドに加えてイーケプラ。
イーケプラは一度止めていました。
ゾニサミドが以前よりも服用量が増えました。

脳はいい事も悪い事も学習するので、
てんかん発作も学習し、発作を起こせば起こすだけ、
更に起こしやすくなるそうです。

残念なことに今の医学でできることは、発作の回数を減らすこと。
お薬の量を調整しながら、また、種類を考えながら、
様子を見ていくしか方法がありません。

3ヵ月に1回。。。半年に1回。。。と減っていくように。

家に戻って。。。
ごく普通に過ごしています。

DSC02305


マノンとミルカ、雨が降らないうちにパパとお散歩。

DSC02307



DSC02312

まだ大丈夫そうよ。
行ってらっしゃ~い。

メリアは、点滴でお薬を入れたこともあり、
午後はぐっすりお昼寝して過ごしました。


DSC02314

月曜日は朝からいつもの元気いっぱいのメリアです。

これからまだまだ頑張っていきますので、
見守っていただけると嬉しいです。

お薬の量と種類が合って、発作が1回でも少なくなりますように。

~~~コメントでいただいた質問のお返事~~~

「足裏カットのバリカンで怪我の心配は?」

犬用のバリカンは安全にできていて、
間違った使い方をしなければ、
歯が直接皮膚や肉球に当たることはありません。
はさみよりも断然安全だと思います。
我が家はパナソニックの犬用バリカンを使用しています。

「子犬ちゃんの夜泣きや人追いについて」

子犬時代の夜泣きや人追い、
ぬいぐるみで解決した経験があります。
ケージに割と大きめのぬいぐるみを入れてあげました。
心細さを軽減できたみたいです。
泣けば構ってくれる。。。と学習するので、
泣かれても根競べをして経験もあります。
いつかはきっと、乗り越えられると思います。

いただいたコメントは承認制になっております。
反映までお時間をいただくこともありますのでご了承ください。
非公開希望の場合はその旨を記していただければ公開致しません。
ランキングに参加しています。
下のワンズ写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。


ミニチュア・ダックスフンドランキング



人気ブログランキング