こんにちは。

ドイツ時間の夜の11時過ぎ、(日本の朝6時過ぎ)
突然日本の次女から電話がありました。

何事かと思ったら、
メリアが立ったまま手足をバタバタさせながら、
冷蔵庫に頭を付けて泡を吹いたと。。。

メリアがこんな発作を起こすのは初めてです。

S__32219140

パパも大慌てしたようです。

みんなの頭をよぎるのは、モニの発作です。

まだ病院は開いていない時間でしたが、
病院の留守番電話に様子の伝言を残したそうです。

折り返し、院長先生から電話をいただき、
9時前には病院に行っているので連れてきてくださいとのこと。

わたしの頭の中には「てんかん」の文字が横切りました。

ご飯は、食べたがるのであれば、食べさせて良いとのこと。
次女の膝の上で自ら完食したそうです。


S__32219154

次女は仕事を急には休めないので、
パパがメリアを病院へ連れて行ってくれました。

神経反射の検査と血液検査をしてくださったそうです。

神経反射では、手足の反射・目など、身体全体の問題はなし。
血液検査も、全てが異常なし。

特発性のてんかんの可能性とのことでした。

S__32219155

今後、起きるかどうかも全くわかりませんが、
一般的にてんかん薬とされているお薬の1/4の作用の、
弱いお薬が出たそうです。

今後様子を見て、フェードアウトできるお薬だそうです。

そのまま発作が治まっていれば、
お薬を飲んで様子を見ていいそうです。
わたしが帰国したら、改めて病院へ連れていくことになっています。

わたしが不在なことで起きたストレスからの発作かしら思うと、
心が痛みます。

メリア、クールに見えて、実は甘えん坊。
一番のママっ子かもしれません。

メリアごめんなさいね。

少しの間、頑張って!

祈るような気持ちでいっぱいです。
ドイツでも、みんなみんな心配しています。


さーちゃんのアンヨのマウスパット。

IMG_6449

ドイツでは、病院に入院中にプロのカメラマンが来て、
撮影してくれます。

アルバムはもちろんのこと、
色々な小物にベビーの写真を入れてもらえます。

メリアのことは心配ですが、
さーちゃんがその気持ちを慰めてくれています。

昨夜は、長女と一緒に夜中の11時から3時近くまで、
眠れないわたしと一緒に過ごしてくれました。
(まだ昼夜の区別がつかない時期なので、
 夜中でもミルクオムツ交換と大忙しです)

さーちゃんありがとう。
そして、メリア頑張れ!!

その後のメリアですが、
落ち着いてごく普通に過ごしている様子です。
どうぞ、みなさまもご心配されませんように。

頑張ってお留守番を乗り切ってほしいと思っています。

後ほどの記事で、その後の様子をお知らせします。

いただいたコメントは承認制になっております。
反映までお時間をいただくこともありますのでご了承ください。
非公開希望の場合はその旨を記していただければ公開致しません。
ランキングに参加しています。
下のワンズ写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。


ミニチュア・ダックスフンドランキング