こんにちは。

今日は午前中雨で、蒸し暑い1日でした。

マノン、朝ごはんの食べっぷりが今一つ。
食べたくなさそうに。。。でも、一応時間を掛けて完食。

でも、食後の様子がいつもと違いました。
1-20170628

しばらくペロペロペロペロ。
2-20170628
これは「美味しかった」ではなく、
「気持ち悪いかも。。。」の仕草です。

今日は出かける用事があったので、お留守番の予定。
大丈夫かな。。。心配。

すると、
3-20170628
大丈夫なの?

4-20170628
本当に大丈夫?
ママの取り越し苦労かしら?

5-20170628
メリ&ミルは見学中。

6-20170628
でも、やっぱり心配。
遊びはすぐにやめて、様子を観察していました。

ご飯を食べて3時間半後。
7-20170628
外出の時間です。

マノンさん、大丈夫?
この時はペロペロのしていないし、便も普通。
8-20170628
頑張ってお留守番していてね。
いつもは、何も気にせず出かけられるのですが、
この時ばかりは後ろ髪を引かれる思いでした。

チビたちも寄ってきて、バトルまでしていました。
9-20170628

と。。。午後家に戻ってくると、
2ヵ所嘔吐あり。

マノン以外に考えられません。
本人は、ぐったりでもありませんが、
いつもの元気の90%くらいの感じ。

病院行き決定です。
10-20170628
嘔吐した分、ちょっとゲッソリ。

待合室では、巣作りをして自分のポジションを決めたりしていました。
11-20170628

結局ソファーに落ち着いたのね。
12-20170628

熱やどこかの腫れ、張りなど、外見上の異常はなしなので、
血液検査を受けました。

腎臓・肝臓・胆嚢などは異常なし。
脱水のクロールが正常値が102~117なのが、119。
これは嘔吐したので想定の範囲内です。
血球も問題なし。

ただ、炎症反応だけが<0.7ではなくてはならないのが、
3.6でした。

膵リパーゼは10~160の範囲内で36でした。

マフィー・モニと2年続けて見送っているので、
わたし自身、とても神経質になってしまっています。
先生も、それを理解してくださり、慎重に慎重を期してくださっています。
感謝です。

わたし自身、一番恐怖を感じているのは膵炎です。

マフィー、1日目の嘔吐の時は何でもありませんでしたが、
2日目、嘔吐がないのに膵リパーゼの数値が急に跳ね上がりました。
それがしっかりトラウマになってしまっています。

一応、皮下点滴に吐き気止め、消炎剤などを注入していただきました。
13-20170628
モニ以来の点滴です。

ご飯は、消化サポートで様子を見ることにしました。
14-20170628
ほんの少しをお水で溶いて与えました。
(モニを思い出します)

ご飯時、食べる気満々。
15-20170628
食べられるかな~

16-20170628
よく食べてます。

17-20170628
これで、嘔吐しなければいいけれど。。。

犬が具合が悪いと、本当に心が痛み辛いです。
でも、そこは気持ちを奮い立たせて、向き合っていかないと。

明朝、また病院へ行くことになっています。
改善がなければ、再び血液検査とエコー・レントゲンを撮る予定です。

今日は、マノンと一緒にリビングで寝ます。

嘔吐は、外出中の2度だけで、今のところ落ち着いています。
ぐったりもしていません。

どうかどうか、ただの胃腸炎でありますように。

ランキングに参加しています。
下のワンズ写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。


人気ブログランキング