こんにちは。

昨日の記事では、
みなさまが送ってくださったメッセージから、
色々な気持ちが伝わってきました。
ご自分の愛犬の病魔と戦った日々を思い出された方や、
今まさに戦っている方など、
様々な気持ちで記事を読まれたのですね。
そしてモニへのエール、とても励まされました。
ありがとうございました。

24日の夜。
1-20170125
まだまだ意思表示がしっかりしていました。

酸素室から出たいモニ。
2-20170125

3-20170125
モニちゃん、いったいどこにそのパワーがあるの?
とことん意志が強い子です。

4-20170125
負けたわ。

5-20170125
昨日の嘔吐は食べなければ吐くことはなく、
ずっと絶食。
お水だけは、自分で要求して飲めていました。

ご飯を「与える」「与えない」はわたしの意志次第。
もうこれでどんどん衰弱していってしまうの?
本当にこれでいいの?
もしかすると、また食べられる(飲める)ようになる?

このままご飯を与えなければ「餓死」させちゃうことなの?
そんな思いが込み上げてきて、とても心が苦しくなりました。
ご飯を与えれば嘔吐することは頭でわかっているのに、
その辺りが自分で割り切れない気持ちでいっぱいになります。

家族に話すと
「餓死なんてそんなことはない。モニの体調なんだから。」
とは言いますが、モニの命を預かっているようで、
すごく責任を感じてしまいます。

夜中も、オシッコ・お水と2回もちゃんと意思表示。
メリアが添い寝していて大あくび。
6-20170125
これだけわかっている子なのに、本当にこれでいいの?
常に自問自答です。

7-20170125
朝もお寝坊さんですが、ちゃんとお目覚め。
この後、形のあるうんPもし、更にわたしの心の葛藤が増しました。

が、これ以降さすがにお水以外口にしていないので、
目を瞑ったままになってしまいました。

獣医さんと連絡を取り、わたしの胸の内の葛藤を打ち明けました。
(獣医さんも大変なお仕事だと思います。
動物の治療プラス飼い主のケアも求められるのですから)
いつも感謝の気持ちでいっぱいです。

結果、再度様子を見ながらお水にパウダーを入れるなり、
今までよりも更に少しずつ口に含ませていく形で試してみることにしました。

1mlのシリンジで、怖々1滴ずつ与えてみました。
騙し騙しですが、それで落ち着いています。

もしかすると、これは飼い主のエゴかもしれません。
でも、口の利けない子が何をどう求めているのか、
試して結果を見ていくしかないような気がするのです。

明日はまた違うことが心をよぎるかも。
病魔との戦いは先が見えないだけに、
不安に煽られっぱなしです。

今日は次女が免許の更新のため有給を取りました。
普段忙しくてなかなか遊んでもらう時間がないので、
ブラッキーズは大喜び。
8-20170125

追いかけっこをしています。
9-20170125

マノンはボールを咥えて参戦。
10-20170125

モニはわたしが抱っこしています。
11-20170125

12-20170125
ミルカが一番はしゃいでいました。

13-20170125
ミルカ、良かったわね~
ネエネこれからお出かけですって。
初めての更新なので、最寄の警察署ではできず免許センターまで。
新鮮でいいな~

ブラッキーズの団結式?
14-20170125

15-20170125
ママも日々試行錯誤しながらだけどまだまだ頑張るわ。

16-20170125
この穏やかなお顔が続く限り。

2つのランキングに参加しています。
下のワンズの写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。


人気ブログランキング