こんにちは。

昨日のモニに多くの方々からメッセージをいただき、
ありがとうございました。

夜中、病院からいつ連絡が入るかわからない状態で、
ほとんど眠ることができなかったので、
皆さまからのメッセージはとても心強く、
励まされました。

モニ、おかげさまで無事に朝を迎えることができました。

朝8時に迎えに行くと、酸素室の中で
「なぜわたしがここに!?」とお怒りの様子。

昨夜のモニとは別犬のように、
とても元気そうな様子でした。

その後、検査・治療の資料を持って、
オアシス動物病院に行きました。

先生と1時間近く、じっくりお話をさせていただきました。

今後のことについてです。
今回の状態は、何もしなければそのまま深い眠りにつき、
虹の橋を渡っていったかと思われます。

さて。。。今後これを繰り返し行っていくのか??
ということです。

発作は再び起きる可能性が高いです。
そのたびに酸素室の中で鎮静剤を点滴。
果たして、それがモニにとってベストなことなのだろうか?

お別れはとても辛いです。
いつまでも愛くるしい顔を見ていたいです。
でも、永遠の命があるわけではありません。

このままだと、
「逝かせてあげるタイミング」を失ってしまうのではないか?
もうモニは十分に頑張ってきました。

残された時間はもう長くはありません。
家族で再度発作が起きた時の、
今後の「救命」をどうするか話し合おうと思います。

さて、家に無事に戻ってきたモニ。
思わず「以前のモニだわ!」と声をあげてしまったほどです。
1-20161219
4本足でしっかりと立っています。

2-20161219
ブラッキーズも大喜び。

3-20161219
これこれ!浮かれすぎよ。

わたしも浮かれてしまいそう♪
4-20161219
お水までスタスタ。

5-20161219
こんなにしっかり立っている姿は大発作の前以来です。

CIMG6207-20161219
会長さんらしく、凛々しいわ!

6-20161219
足が滑ることなくしっかりとした足取り。
まるで夢のよう。

4ワンズ勢揃い。
7-20161219
モニの左目、瞬幕が出てしまっています。

8-20161219
トイレもしゃがむことに苦労することなく、
オシッコもうんPもしました。

本当に、なんでもないのでは!?と思うほどです。

9-20161219
この後、モニをお腹の上に乗せて一緒にお昼寝させてもらいました。
柔らかくて、ポカポカでした。

夕方のモニ、さっきまでなんの効果であんなに元気だったのか。。。
10-20161219
再び元のモニに戻っていました。

小発作も起こし始めました。

モニ、夢のような時間をありがとう。
とても嬉しかったよ。
11-20161219
頑張り屋さんのモニ。
大好きよ。

2つのランキングに参加しています。
下のワンズの写真をクリックしていただけると、
日々の更新の励みになります。